ブログに戻る

暗号通貨ハードウェアウォレットとは何ですか?

デジタル資産は現在広く受け入れられており、その人気は高まり続けています。暗号通貨は従来のほとんどの銀行よりも安全であることが約束されていますが、暗号通貨を所有する人にとって、暗号通貨を安全に保管する場所を確保することは不可欠です。暗号通貨は分散化されているため、ユーザーは資産の安全性を保証するための措置を講じる必要があります。

この記事では、仮想通貨のハードウェア ウォレットに焦点を当てる前に、ホット ウォレットとコールド ウォレットという 2 つのタイプの仮想通貨ストレージについて説明し、それぞれの長所と短所を強調します。

ホットウォレットとコールドウォレット

ホットウォレットとコールドウォレットは本質的にデジタル資産を保存する同じ機能を持っています。

ホットウォレット

ホットウォレットは、暗号通貨ユーザーがデジタル資産を送受信するためのストレージとして機能します。このソフトウェア ツールはビットコインの初期から存在しています。ホットウォレットとは、特定の仮想通貨会社のサーバー内に存在するウォレットのことです。ユーザーはアプリやウェブサイトを通じてこれらのデジタルウォレットにアクセスできます。デスクトップウォレット、取引所ウォレット、モバイルウォレット、ウェブウォレットはすべてホットウォレットです。

ホットウォレットには、ユーザーが特定のサービスやハードウェアに投資する必要がなく、無料で使用できるという利点があります。また、このウォレットは、仮想通貨の取引、売買、または売却のために資産を別の場所に移行するという面倒なプロセスからユーザーを解放します。ホット ウォレットを使用すると、それが可能になります。ホット ウォレットを使用すると、24 時間年中無休でアクセスできる利便性とインストールの容易さも実現します。ホットウォレットを使用すると、ユーザーは自分の資産を保管する責任をサードパーティの管理者に任せることができるため、キーを紛失したときにすべての資産を失うリスクを最小限に抑えることができます。Unijoinなどの暗号ミキサーのサービスを使用することもできます

ただし、ホット ウォレットはプライバシー侵害に対して脆弱であり、公開鍵と秘密鍵をオンラインで保存することによってもたらされる大きな欠点です。ハッカーがそれらにアクセスすると、デジタル資産が危険にさらされます。また、ホットウォレットを提供する取引所が閉鎖し、資産に保険をかけていないと、すべての資産が失われる傾向があります。ブロックチェーン技術の構造上、ホットウォレットをハッキングするのは困難ですが、ウォレットがオンラインにある限り、人々がウォレットにアクセスする方法は常に存在します。資産が一度盗まれると、取り戻すことはほぼ不可能です。

コールドウォレット

一方、オフライン ウォレットとも呼ばれるコールド ウォレットは、デジタル資産を USB のようなハードウェアに保存するため、これらの資産にアクセスするためにインターネットに接続する必要はありません。これらは暗号通貨のハードウェア ウォレットです。ハードウェア ウォレットの代わりに、公開鍵と秘密鍵を紙またはペーパー ウォレットに置くこともできます。

コールドウォレットにはセキュリティという利点があります。これらはオフラインでアクセスされるため、不用意に持ち歩くか、誰でもアクセスできる場所に放置しない限り、ハッカーが侵入することはできません。通常、ハードウェア ウォレットは、PIN で保護された暗号化と、場合によっては生体認証を通じて追加のセキュリティ層を適用します。コールド ウォレットを初めて構成すると、リカバリ シードと呼ばれる、デバイスによって生成された、12 ~ 24 ワードで構成される固有のリカバリ フレーズが提供されます。このフレーズを使用すると、ハードウェア ウォレットが破損、紛失、盗難された場合にデジタル資産を回復できます。

欠点としては、コールド ウォレットはデバイスへのアクセスに時間がかかるため、素早い取引には使用できません。装置も高価です。さらに、コールドウォレットでは、保持できる暗号通貨の数が制限されます。

暗号資産への投資を行い、保管されている資産の価値が上昇するのを待つ長期戦をする場合は、資産の安全性を保証するハードウェアウォレットに投資する方が常に良いでしょう。

暗号通貨ハードウェアウォレットの選択肢

CoinbaseBinanceなどの暗号通貨や取引プラットフォームに選択肢があるのと同じように、暗号通貨のハードウェア ウォレットにも選択肢があります。ここでは、コールド ストレージとして機能するように特別に設計された、最も優れたハードウェアを 2 つ紹介します。

トレザー モデル T

Trezor の第 2 世代 Model T には、市場にある他のハードウェア ウォレットとは一線を画す特徴が 1 つあります。それは、ソフトウェア Trezor Suite をサポートするコードがオープンソースであるため、ユーザーがそのレベルを研究して決定できるようにオープンであるということです。それが提供するセキュリティ。このソフトウェアはあらゆるデスクトップ上でネイティブに実行できるように設計されており、ユーザーはデジタルウォレットを設定せずに暗号コインを直接取引したり投資したりできるようになります。

サトシ研究所は Trezor Model T を製造しており、同社はビットコインがフィンテックの注目を集めたのとほぼ同じ時期から存在しています。このウォレットは小型で持ち運びに便利で、PIN コードを入力して暗号通貨にアクセスするためのタッチ スクリーン ディスプレイが付いています。

ほとんどのウォレットにはこの機能が搭載されていないため、ユーザー エクスペリエンスとインターフェイスの読みやすさの点で Trezor Model T ほど良くないことがよくあります。

レジャーナノS

この暗号通貨ハードウェア ウォレットはユーザーフレンドリーで、同社の強固なセキュリティ プロトコルに依存しています。初心者でも、自分のデジタル資産が安全であるという保証だけを必要とする時々投資する人でも、あらゆるタイプのユーザーに適しています。

価格は Trezor Model T のわずか約 4 分の 1 ですが、Ledger Nano S は 100 を超える暗号通貨と 1,000 を超えるトークンをサポートしています。ほとんどのコールドウォレットと同様に、ホットウォレットと同様に法定通貨の保管はサポートされていませんが、ステーブルコインの保管はサポートされています。これは、Trezor Model T と比較してかなり安価なハードウェアでもあり、わずか 59 ドルです。

Ledger Nano Sには、Ledger Liveと呼ばれるソフトウェアもあります。BlueTooth サポートによる利便性はないかもしれませんが、それほど心配する必要はありません。ハッカーは悪意のある攻撃に Bluetooth 対応デバイスを使用することもできるため、BlueTooth サポートがないことでセキュリティ層が追加され、利便性との素晴らしいトレードオフになります。

暗号通貨ハードウェアウォレットに投資する理由

多くの人はデジタル資産を保存するための優れたホットウォレットを持っているだけで満足していますが、暗号通貨を所有する責任を常に覚えておく必要があります。簡単に言うと、あなたの資産を第三者から監督して安全に保つ機関がないため、あなたの資産の安全性についてはあなたが単独で責任を負います。

実際のストレージがあるという利便性だけではなく、ハードウェア ウォレットに投資することが賢明な理由を以下に示します。

秘密キーの保護

ビットコインを保管するための別のハードウェアを用意すると、通常、秘密キーを設定する機能が付属します。秘密キーはサードパーティエンティティによって生成されず、ユーザーのみが知ることができます。セキュリティはさておき、これは、特に暗号通貨に投資して富を増やした人々のプライバシーを守るために非常に役立ちます。デジタル資産の形でお金持ちになると、ハッカーの標的になりやすくなります。

費用対効果

ほとんどの人、特に初心者やカジュアルな投資家は、ホットウォレットをインストールしてデジタル資産やセキュリティ情報を安全に保つために専用のラップトップを所有するという点に実際に到達することはありません。専用ラップトップは、資産をオフラインで監視するオプションを提供する追加のセキュリティ層ですが、複雑でエラーのないセットアップ手順に対処することに加えて、資産と個人情報を保護するための高価な方法です。

フィッシング攻撃からの保護

秘密鍵をクラウドに保存しないことは間違いなく安全であり、ハッカーがあなたをだましてユーザー名とパスワードを漏らすことはできません(ただし、ハッカーは、あなたがそうでない場合、あなたをだまして自分のアドレスに送金させようとする可能性があります)注意深い)。

結論

ハードウェア ウォレットはデジタル資産に最大限のセキュリティを提供しますが、100% 確実で攻撃から安全であるわけではありません。ハードウェア ウォレット プラットフォームのメリットとデメリットを理解し、それに伴うリスクも認識する必要があります。

たとえば、リカバリ シードは、ハードウェア ウォレットを設定する際に必要な手順です。これは、デバイスを消去したり、紛失したり、誤って破損したりした場合に、暗号通貨のバックアップ ファイルとして機能します。リカバリ シードは依然としてオフラインの場所に保存する必要があります。そうしないと脆弱になり、ハードウェア ウォレットを持つ目的が無効になってしまいます。

暗号通貨用のハードウェア ウォレットを持つということは、あらゆる取引に特別な注意を払う必要があることも意味します。一部のマルウェアはクリップボードにコピーしたアドレスを変更する可能性があり、代わりに資産をハッカーに送信することになります。

暗号通貨のハードウェア ウォレットは良い投資かもしれませんが、適切に使用しないと最適化できません。

選択肢はホット ウォレットとコールド ウォレットに限定されないことにも注意してください。UniJoin のBitcoin Mixerなどのサードパーティの暗号通貨サービスを利用して、デジタル資産やセキュリティ情報を保護することができます。

シェア:
ニュース&ガイド

類似記事

October 17th, 2023
中国のビットコイン ユーザーのプライバシーの保護: UniJoin.io のビットコイン ミキサーの詳細
中国の暗号通貨コミュニティは、経済的プライバシーと匿名性を保護するにはあまりにも多くのハードルに直面しています。UniJoinインは助けに来てくれるだろうか?
10 min to read
5732
October 3rd, 2023
ダークウェブ監視の秘密: デジタル フットプリントを保護する
この記事では、個人情報や企業機密を守るためにダークウェブ監視で何ができるかを探る。
9 min to read
5810
September 19th, 2023
未開の地: なぜダークウェブはまだ禁止されていないのですか?
麻薬や違法武器取引などの陰湿な活動に関与するサイバー犯罪者がダークウェブに群がっています。当局はインターネットのこの部分を追及しているのでしょうか?
8 min to read
5105

UniJoinを使って アノニマス
あなたのクリプト

Bitcoin Mixer UniJoin に参加すると、CoinJoin の技術を利用して、 追跡不可能な質的なコインを受け取ることができます。
UniJoin Bitcoin Mixer を使用して暗号金融を匿名化す る